脱毛したいと親に言えない?反対されずに脱毛に通うための説得の手順

脱毛したいと親に言えない?反対されずに脱毛に通うための説得の手順

こんにちは、美容ミニマリストサヨコです。

脱毛したいけど、親に反対されそうで言い出せない…
親に反対されずに脱毛に通う方法ってないのかな?

悩める子羊

こんな悩みを抱えていませんか?

制服は夏でも長袖‥
プールの授業は理由をつけて見学‥

ムダ毛が気になると、本当にやりたいこともできなくて消極的になってしまうことってありますよね。

ムダ毛がなかったらどんなに毎日幸せか、夜中に考え悩んだことがあるひとも多いのではないでしょうか?

私は脱毛に通うなら、唯一永久脱毛ができる医療脱毛をおすすめしています。

あわせて読みたい
アイキャッチ画像高校生におすすめの脱毛方法は?【医療脱毛だけが永久脱毛です】

本記事では、親に反対されずに脱毛に通うための説得の手順を順序立てて詳しく解説していきます。

(この記事の内容を理解し、正しく実践すれば、ほぼ確実に親を説得できる内容になっています。)

この記事を書いているわたしは、大手エステサロン、外資系化粧品メーカーを経て、現在ヘルステックベンチャーで働いており、美容業界歴10年以上になるので、記事の信頼性の担保になると思います。

脱毛したいと親に言えない?反対されずに脱毛に通うための説得の手順

未成年が脱毛に通うためには、まずは親の同意が必要です。

そのため、ここでは親を説得するための手順をみていきましょう。

【親を説得するための手順】

【親を説得するための手順】

親を説得するためには、納得できる理由をわかりやすく伝える必要があります。

理由を論理的に伝えることにより、説得の成功率がぐんと上がります。

親を説得するための手順としては、以下のとおりです。

  • 脱毛したい理由を伝える
  • 脱毛のメリットを具体的に伝える
  • 親が反対する理由に理解を示す
  • 親が反対する理由に解決策を伝える
  • 最後にもう一度脱毛したい理由を強く伝える

それぞれ詳しくみていきましょう。

①脱毛したい理由を伝える

①脱毛したい理由を伝える

まずは、あなたがなぜ脱毛をしたいのかを具体例を交えて伝えましょう。

ムダ毛があることで嫌な思いをした

ムダ毛が原因で、男の子や同級生にからかわれた経験はありませんか?

思春期は他人との違いに敏感なため、ひとより毛深いということがきっかけで、いじめに繋がる可能性もあります。

参考 見た目問題:いじめについて日本財団

自分の経験を伝えることは難しいかもしれませんが、これを伝えることが親の心に最も響きます。

ムダ毛が気になって消極的になってしまう

夏だからこそ楽しめるイベントなのに、ムダ毛が気になって参加できないことはありませんか?

学生生活は一生に一度きりです。

自分の人生を後悔しないためにも、早めに脱毛をする必要性を伝えていきましょう。

ムダ毛の自己処理で肌トラブルになってしまった

ムダ毛の自己処理をしていて、肌が黒ずんできたり、埋没毛になってしまったことはありませんか?

あわせて読みたい
埋没毛の原因はムダ毛の自己処理?埋没毛にならない脱毛方法を紹介埋没毛の原因はムダ毛の自己処理?埋没毛にならない脱毛方法を紹介

脱毛による肌トラブルは、自己処理が原因で起きることが多いです。

早めに脱毛をすることにより、肌トラブルを防ぐことができます。

参考 「除毛剤で肌のトラブル」相談相次ぐNHK

②脱毛のメリットを具体的に伝える

②脱毛のメリットを具体的に伝える

脱毛したい理由を伝えたら、脱毛することによるメリットを具体的に伝えていきましょう。

ムダ毛の悩みやコンプレックスから解放される

脱毛したあとの自分の未来の姿を想像して、具体的に伝えていきましょう。

脱毛したい女の子

・なにも気にしないでオシャレが楽しめるようになりたい
・みんなで海やプールにいきたい
・安心して腕をあげられるようになりたい

具体的に想像することにより、希望に満ちたキラキラとした表情で伝えることができます。

肌トラブルを防ぐことができる

ムダ毛の自己処理を続けていると、どのような肌トラブルが起こるのかを具体的に伝えていきましょう。

・ワキの黒ずみができて、人前で腕をあげられなくなっちゃうかもしれない
・埋没毛が汚いのが気になって、脚を出すのが恥ずかしくなっちゃうかもしれない
・毛穴がどんどん目立ってきちゃうかもしれない

脱毛したい女の子

あわせて読みたい
医療脱毛で毛穴は目立たなくなる?【黒ごまの解消方法も紹介】医療脱毛で毛穴は目立たなくなる?【黒ごまの解消方法も紹介】

若いうちに脱毛することによって、今後肌トラブルが起きにくくなることを伝えていきましょう。

結果的に安上がりになる

脱毛をすると、ムダ毛の自己処理が原因で起きる肌トラブルを防ぐことができます。

脱毛したい女の子

・自己処理で黒ずんだワキを美容皮膚科で治療すると、約10〜15万円かかるんだって
自然に治すことは難しいんだって

あわせて読みたい
脇の黒ずみはケアできる!脇の黒ずみの原因とおすすめの脱毛方法脇の黒ずみはケアできる!脇の黒ずみの原因とおすすめの脱毛方法

金額が原因で脱毛に反対している親は多いので、自己処理のほうが将来的に無駄なお金がかかってしまうことを伝えましょう。

③親が反対する理由に理解を示す

親が反対する理由として考えられることは以下の3つです。

  • 金額が高い
  • 肌に良くない
  • まだ早すぎる

これらの反対理由に対して、まずは「私もお母さんの気持ちはわかるよ」という姿勢を示しましょう。

お母さんが心配してる理由もわかるよ。
やっぱり金額も高いし、肌トラブルかあったら怖いし、「まだ学生だから」って思うよね。
でもね…

脱毛したい女の子

④親が反対する理由に解決策を伝える

④親が反対する理由に解決策を伝える

金額が高い→自分でアルバイトすることを伝える

金額が高いという反論に対しては、自分のアルバイト代で払うことを伝えましょう。

また医療ローンを利用すると、月々3,000〜8,000円で通うことができ、クリニックによっては手数料が無料になる場合もあります。

ローン手数料が無料のクリニック
クレアクリニック:12回払いまでローン手数料が無料
アリシアクリニック:10回払いまでローン手数料が無料

医療ローンを利用することに反対された場合は、お父さんやお母さんにお金を貸してくれないかお願いをして、お小遣いとアルバイト代で何ヶ月で返済できるかを明確に伝えましょう。

あわせて読みたい
医療脱毛で都度払いってできるの?月々の出費をおさえて医療脱毛に通う方法【月額制】医療脱毛で都度払いってできるの?月々の出費をおさえて医療脱毛に通う方法【月額制】

肌に良くない→医療脱毛は肌トラブルが少ないことを伝える

脱毛が肌に良くないというイメージは、消費者センターに寄せられるエステ脱毛のクレームからきていることが多いです。

医療脱毛に関しては、平成30年に厚生労働省より「インフォームドコンセントの徹底」の通達がされているので、肌トラブルが起きる可能性は年々低くなってきています。

参考 インフォームドコンセントの徹底厚生労働省

まだ早すぎる→なぜ早いほうが良いのかをもう一度伝える

学生だからまだ早いという反論に対しては、早いほうが良い理由をもう一度伝えましょう。

脱毛したい女の子

・自己処理の肌トラブルを防げるから、結果的にお金もかからないよ
・ムダ毛の悩みやコンプレックスがなくなるから、なにごとにも積極的になれるよ
・脱毛は遅かれ早かれいつかはするんだから、早くしたほうが費用対効果が高いよ

⑤最後にもう一度脱毛したい理由を強く伝える ※ 親のメリットを添える

⑤最後にもう一度脱毛したい理由を強く伝える ※ 親のメリットを添える

最後にもう一度、いますぐに脱毛したいという強い思いを伝えましょう。

そのときに親にとってメリットとなることを一緒に伝えることにより、説得の成功率がぐんと上がります。

勉強を頑張る

親が子どもに望むことは、勉強を頑張ってほしいということです。
それは、子どもの将来の可能性を広げてあげたいという思いからきています。

このポイントを刺激してることが、最も親のメリットに繫がります。

・平日は寝る前に英単語を5つ覚えるよ
・休みの日はいつもの+1時間勉強するよ
・帰宅してからスマホは1時間までにして、今後は空いた時間に将来のための本を読むことにするよ

脱毛したい女の子

このように、自分にとって継続可能な内容を具体的に伝えましょう。

お手伝いをする

お母さんの家事を手伝う意思を伝えると、喜んでくれることが多いです。

脱毛したい女の子

・夕飯の食器は私が洗うよ
・一週間に一回、トイレ掃除するよ
・休みの日の洗濯物は、私がたたむよ

お母さんの負担が減って、自分でも続けられそうな内容を提案してみましょう。

いままでお小遣いで買っていたものを買わないことを宣言する

いままでお小遣いで買っていたものや、親に買ってもらっていたものを我慢することを伝えましょう。

・毎日買ってたジュースも、これからはタンブラーにお水入れて持っていくよ
・コンビニや売店で買ってた菓子パンもやめるよ
・スタバに行く回数もいままでの半分に減らすよ

脱毛したい女の子

これらのことを伝えることにより、なにかを我慢してでもどうしても脱毛に通いたいという強い意思が伝わります。

記事のポイントまとめ

親を説得して脱毛に通うためには、理由を「わかりやすく」「論理的」に伝えることがポイントです。

  • 脱毛したい理由を伝える
  • 脱毛のメリットを具体的に伝える
  • 親が反対する理由に理解を示す
  • 親が反対する理由に解決策を伝える
  • 最後にもう一度脱毛したい理由を強く伝える

まずはこの記事を何度も読んで、内容をしっかりと理解しましょう。

そして上記の内容に沿って、事前に台本をノートなどに作ることをおすすめします。

いますぐ親を説得して、一刻も早くムダ毛の悩みから解放された人生を送りましょう

応援しています!

人気の記事
【比較】全身の医療脱毛おすすめ14選←失敗しない選び方(うなじVIO込み)【比較】2020年 全身の医療脱毛おすすめ14選←失敗しない選び方(うなじVIO込み)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA